堅型両頭平面研削盤 GRVシリーズ | 兵庫県西宮市の高精度研削盤メーカー『大昌精機株式会社』

堅型両頭平面研削盤 GRVシリーズ

堅型両頭平面研削盤 GRVシリーズ

堅型両頭平面研削盤
GRVシリーズ

竪型両頭平面研削盤とは2つの砥石軸が垂直に対向している研削盤のことです。様々な加工方式があり、重研削から高精度を要求される研削まで、又、大量生産から多品種少量生産まで対応します。

対応ワーク

  • 自動車部品(エンジン関連、トランスミッション、パワーステアリング、ハイブリッド関連、ブレーキ部品)
  • コンプレッサー部品
  • 産業用ロボット、FA関連
  • その他刃物など

対象材質

  • 鉄、焼結金属、非鉄金属
  • 非磁性体(セラミック、プラスチックなど)
  • 堅型両頭平面研削盤 GRVシリーズ01
  • 堅型両頭平面研削盤 GRVシリーズ02
  • 堅型両頭平面研削盤 GRVシリーズ03
  • 堅型両頭平面研削盤 GRVシリーズ04

画像をクリックすると拡大表示します

SPEC

仕様

Model Wheel Diameter Size Weight Main Motor
GRV-305 φ305mm W1,550 × L1,625 × H2,200 5,500Kg 5.5kW
GRV-355 φ355mm W1,550 × L1,625 × H2,200 5,500Kg 7.5kW
GRV-450 φ455mm W1,550 × L1,625 × H2,200 5,500Kg 11kW
GRV-510 φ510mm W1,550 × L1,625 × H2,200 5,500Kg 15kW
GRV-585 φ585mm W1,900 × L2,700 × H2,800 12,000Kg 22kW
GRV-760 φ760mm W2,700 × L2,700 × H3,200 15,000Kg 30kW

PROCESSING METHOD

加工方式

  • ロータリーキャリア方式(C)

    ロータリーキャリア方式(C)

    キャリア円盤のポケットに加工物を投入し順に送って研削します。取代の比較的小さい加工物向きですが、様々な形状の加工物に対応できます。自動化による連続加工にも適しており、生産性にも優れています。
    例:ピストンリング、ワッシャー、プレート、ベアリング 他

  • オシレーションキャリア方式(Ci)

    オシレーションキャリア方式(Ci)

    キャリア円盤をオシレートさせ、インフィード研削を行います。取代が大きく、精度も要求される加工物に適しています。ロータリーキャリア方式同様、自動化対応に優れています。
    例:リテーニングプレート、バルブプレート他

  • ワーク自転インデックス方式(G1)

    ワーク自転インデックス方式(G1)

    ワークを強制回転させてインフィード研削を行います。高精度が要求される加工物に適しています。ポケットの複数化により、加工時間の短縮が可能です。
    例:コンロッド、カムリング、ローター、ギア、シリンダー他

  • ワーク自転インデックス方式(G2)

    ワーク自転インデックス方式(G2)

    ワークを強制回転させてインフィード研削を行います。高精度が要求される加工物に適しています。2ステーションタイプで、加工中にワークの着脱が可能です。
    例:コンロッド、カムリング、ローター、ギア、シリンダー他

  • インデックステーブル方式(IT2)

    インデックステーブル方式(IT2)

    ワークを治具上にセットし、上からクランプした状態で強制回転させてインフィード研削を行います。
    例:ディスクローター

  • 竪型スルーフィード方式(A)

    竪型スルーフィード方式(A)

    砥石間のガイドレールに加工物を連続的に流通して研削します。取代が小さく、生産性を要求される加工物に適しています。
    例:ブレード、ピストンリング、刃物、ベアリング内外輪 他

上記以外の加工方式の実績もございます。
70年の経験の中で、お客様それぞれの要望に応えて、様々なワークを削ってまいりました。
まずは一度ご連絡ください。